農のこと

  • 直売所ほがらか村
  • ネットショップ

金沢市の農業

 金沢市は、南北に長く伸びる石川県のほぼ中央に位置し、東は富山県境から西は日本海まで東西23.4km、南は白山山麓から北の河北潟まで南北37.1kmの範囲にあって、市街の南部を医王山山系に連なる山地が占め林野面積は市全体の60.0%にもなる。一方、北部は日本海に流れる犀川、浅野川を中心に丘陵地、平野部及び砂丘地が広がり、金沢平野として開けている。
 日本海側には金石、大野の両漁港があったが、これは金沢港として国の重要港湾の指定をうけ昭和45年に開港しました。

農産物マップ

農家数と人口

 農家戸数は平成27年において2,663戸で平成17年から平成27年までの10年間では約27%減少しています。これは1種兼業農家と2種兼業農家、自給的農家が共に減少したことによるもので、反対に専業農家は増加している傾向が見られます。
 最近は、砂丘地の野菜、中山間地の果樹地帯に専業農家及び第1種兼業農家が定着しており、水稲では請負耕作を行っている専業農家及び第2種兼業農家による集落営農が増加しています。
 なお、都市近郊における軟弱野菜農家は経営規模の縮小や高齢化により離農傾向が見られます。

耕地面積と作物

 平成25年における耕地面積は3,738haで、このうち田は3,100haです。
 主な農作物の作付面積は平成27年において、水稲2,150ha、さつまいも92.5ha、すいか138.4ha、だいこん61.5ha、れんこん56.0ha、たけのこ100.4ha、梨37.0haとなっています。(※農業センター調べ)

平坦地区

 主な作物は水稲単作が60%、水稲主体に野菜、果樹、花きをそれぞれ組み合わせた複合経営が40%で、その主な作物はきゅうり、トマト、なす、いちご、だいこん、キャベツ、ほうれんそう、ねぎ、つけな類、なし、切花等です。

山間地区

 水稲が中心ですが、稲作転換により最近は野菜栽培を取り入れています。主な作物は夏秋きゅうり、なす、ほうれんそう、さといも、いちご、豆類、もも、りんご、なし、切花、しいたけ、なめこ等です。

砂丘地区

 本格的な施設園芸の導入が行われています。主な作物は、すいか、だいこん、さつまいも、トマト、きゅうり、メロン、ぶどう、切花等です。

農業体験型農園 葉っぴーgarden

葉っぴーgarden

 誰でも気軽に手ぶらで農業が楽しめる指導付きの農園です。

葉っぴーgarden 新保本

住所 石川県金沢市新保本2
区画 20区画(20m2/区画)
園主である野菜づくりのプロが栽培をサポート

 農作物を育てるのが初めての方、家族で農作業を体験してみたい方、運動不足を楽しく解消したい方、プロからノウハウを教わりたい方、気軽に農業をはじめてみませんか?

手ぶらで来園OK

 必要な種苗・肥料や農機具等はすべて園主が準備します。汚れてもいい服装でご参加ください。ご家族・ご友人同士複数人での利用も可能です。

新鮮な野菜を食卓に!

 自分の区画で作った野菜は、全て持ち帰ることができます。自分で作った味わい最高の新鮮野菜!農業で健康に!

お問い合わせ先
JA金沢市資産相談課

TEL:076-237-3954
住所:〒920-0011 石川県金沢市松寺町未59-1

TOP